読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に色塗りを-painting life-

自分の人生には、自分で色を塗りたい。色を塗ることは、自分を感じる事から。周りを感じる事から。感じない人生に、色はない。丁寧に日々を感じ、言葉にしたくて

不満の裏には、本当の自分の願いが隠れている。

口を開けば不満。
口を閉じても不満。

 

f:id:corole:20170331091155j:plain

 

そんな時期が、たまにくる。

そうゆう時と、そうでない時を
客観的に比較すると、
不満が口が出るときは


誰かを気にして

やりたいことをやっていないとき。


だと思う。

つまり、自己犠牲にしていたり、

自分を大切にしていないとき、
自分の心が、すり減って不満として
助けを求めてる声が出てきてる。

 

あの人ばっかり楽しんで~とかいう嫉妬や、
あの人が文句言うから、という怒りや、
あの人に嫌われたくないから、
本当の自分の想いを隠す日々。


そんなこと続けてたら、怒りの矛先って、
いつのまにか あの人 に向いているのです。


でも、その 怒りって、
あの人に対してではなく、
誰かを気にして妥協をした
自分自身に怒っているの、気づいてますか?

あの人ばっかり楽しんで~
→自分も楽しめよ!自分も楽しみたいのに!
なんで妥協してそのまま過ごしているの?

あの人が文句言うから~
→あの人が文句言っても良いじゃん。
何でいちいち気にするの?
自分の声、貫いてよ!

あの人に嫌われたくないから~
→そんな簡単に嫌われる関係なの?
どうして、いつも顔色をうかがって
自分が下手に出ないと行けないんだよ。。。
自分、そんなに価値低い訳じゃないのに。。。


こうゆう言葉には、こんなもう一人の

自分の心理が働いているように思います。

不満が口からこぼれる日々が続いたら、
自分自身と、話し合いが必要ですね。 
あの人に嫌われてもいいから、
やりたいこと、やろうよ!って。
本当にやりたいこと、
やろうよ!、って。


私は最近、旦那に言いたいことが
言えませんでした。

これを言ったら怒るから
言わないでおこう、とか。
そんなことを積み重ねていると、
だんだんそれが、不満になってきて、
苦しくなって。

でも、いざ勇気を振り絞って
話してみると、あら不思議。
別に怒ることもなく、状況が変わり始める。
なんなら心が軽くなって、
自分が笑顔でいれるから、
二人の関係が円滑になっていったりするのです笑

こじらせていたのは、
自分の、自己犠牲精神。

 

 

あなたは、今、やりたいこと、

言いたいこと

遠慮なく貫けていますか??